スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

国を去った男(2001年2月2日)

自分の野望のため、もしくは劣等感の反動として、その男はがむしゃらに働いた。客観的に見れば、押しの強さと声の大きさしか見るべきところはなかったのだが、そのことに気付くほどの冷静さや明晰さは持ち合わせてはいなかった。ある種の混乱期においては、声の大きな者が世を平定することがあるという事実も理解していなかった。...

続きを読む

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。