スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BTの謎

引っ越し時の各種手続きはおおむね不動産屋がやってくれますが、どうしても自分でやらないと駄目なのがBT(ブリティッシュテレコム)。日本語だったら何のことはない内容ですが、英国赴任直後で英語力がイマイチだったりすると相当厳しい。インドのサポートセンターに回されたりすると何言ってるかさっぱり分からなくてさらに厳しい。

今回BTと色々もめたのですが、そこでひとつ分かったこと。引っ越しした場所に付いている電話番号を引き継いで使いたい場合(大家にそうしてくれと頼まれたりします)、前の契約者の契約が生きているうちにその住所で電話を使いたいと言うと、上手くいきません。

番号を引き継ぐには、まず前の契約者が番号の使用を停止、その後、新契約者がその番号をアクティベートさせなければいけません。この順番が重要。

このルールのせいで、僕の新居の電話番号は新規発行されました。僕も大家も前の番号をそのまま使えると信じきっていたので、だいぶ混乱しました。実際、入居からそれまで音声通話もADSLもずっと使えていたわけだし。

まあ電話番号が変わっても特に支障はないのですが、問題はインターネット。前の番号できちんと動いていたのが突然使えなくなった次第。ISP側でも混乱しているようで、BTのホールセールともめてる模様。番号は変わっても交換機で使う回線そのものは物理的に同じだから、タイムラグは発生しないはず、などなど。

とにかく何でも良いので早くつないでくだされ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。