スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Russell Group

ラッセル・グループは、イギリスの大規模研究型大学24校で構成するグループである。1994年にイギリス政府などへの大学側の要望を伝える、いわゆる圧力団体として設立された。ラッセル・グループという名称はこの団体の設立会見が開かれたロンドンのラッセル・スクウェアに面した「ホテル・ラッセル」に由来している。

ラッセル・グループに所属している大学は研究志向が強く、事実、イギリス国内の3分の2の研究費をこの20校で占めている (2006年度)[1]。またこの20校の合計学生数は50万人にのぼり、イギリスの大学生数の20%を占める[2]。参加国別では、イングランドが20校、スコットランドが2校、ウェールズが1校、北アイルランドが1校となっている。
University of Birmingham
University of Bristol
University of Cambridge
Cardiff University
Durham University
University of Edinburgh
University of Exeter
University of Glasgow
Imperial College London
King's College London
University of Leeds
University of Liverpool
The London School of Economics and Political Science
University of Manchester
Newcastle University
University of Nottingham
University of Oxford
Queen Mary, University of London
Queen's University Belfast
University of Sheffield
University of Southampton
University College London
University of Warwick
University of York

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。