スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンの物価は世界一

ずいぶん長い間、僕は東京の物価が世界一だと信じて生きてきました。が、まったくもって大間違いでした。ロンドンは東京より明らかに高いっす。

ここ数年のデフレによって東京近郊の物価がかなり下がった実感はあります。Made in China増加による価格下落も確実にあるでしょう。しかし、ロンドンとの物価差はそんなことで影響を受けるレベルではありませぬ。

<食い物>
マックのビッグマックミール(ビッグマック・ポテト・ドリンク):800円
まずまずマトモな日本食レストランで軽く飲んでメシ:12,000円
まずまずマトモな中華レストランで軽く飲んでメシ:7,000円
まずまずマトモなインドレストランで軽く飲んでメシ:5,000円

<クルマ>
ガソリン1リッター:180円
トヨタヴィッツ新車1台:220万円
トヨタRAV4新車1台:400万円

<衣料品>
バーバリーのスーツ(アウトレット価格):90,000円
アクアスキュータムのコート(アウトレット価格):80,000円
ユニクロのチノパン:4,000円

<住宅>
都心から電車で30-40分、駅歩10分の4LDKマンション:7000万~1億円
都心から電車で30-40分、駅歩10分の4LDK一戸建て:1億~3億円

まあキリがないのでやめますが、とにかく高いのよ。物価が高い理由は僕が思うに3つ。

1. 消費税(VAT)が高い
17.5%です。価格はすべて税込み表示なので、妙に高く見えます。英国版あかちゃん本舗の価格は日本並みに感じますが、子供服は消費税が減免されているから(確か5%)。17.5%ってのは20,000円が23,500円になっちゃうの。なかなかパワフルですよ。

2. ロンドンの集客力
そうじゃなくてもロンドンは人種のるつぼで、中心部を歩いていると英語が耳に入ってこない。これがアメリカだと多くはスペイン語なんですが、ロンドンでは聞いたこともないような言語が何種類も話されています。こんなに物価が高いのにこれほど人が来るってことは、それだけロンドンに魅力があるということなんでしょう(僕は賛成しませんが)。つまり、人気あるんだから少々高くても良いでしょ、というダフ屋モード。

3. 緑が多い
これは主に住宅費が高い理由ですが、緑が多いせいで住宅の絶対数が少ない。必然的に家の単価が上がっちゃう。賃貸でも月30-40万の物件はザラ。

為替で言うと、1ポンドが1ドル、百歩譲って1ユーロだったら納得できます。1ポンド200円ってのはかなり問題。日本から来た当初、我が家はアウトレットに行ってもほとんど何も買えませんでした。日本やアメリカの価格と比べちゃうと手が出ない。最近はようやく慣れてきて(つーか諦めて)買い物できるようになってきましたが、それでも清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟でレジに持ってってます(単に貧乏性とも言う)。

今の日本(東京近郊)は本当に安い。日本に住む皆さんは、景気なんか気にせずにどんどん買い物すべきですね。景気回復が明らかになってからじゃ物価上がっちゃいますよ。

コメント

ゲロゲロに高いな 引越し当初はさぞかしショックだろうなあ
NYはアメリカの中でも高いほうだが、それでも日本より安いと感じる
時のほうが多いな。特に「機能を満たす最低限のもの」というのが
各ジャンルに必ずあってこれは死ぬほど安い。品質も悪いけど・・
所得格差が大きいのとか、合理的でコスト意識が高い国民性とか
競争原理が働きすぎてるとか、いろいろ理由あるのでしょうが。。。

ロンドンで検索して訪問した通行人です。イギリスは、英国ファンが多いので悪口をあまり書かれないのですが、管理人さんのおっしゃる通りだと思います。
物価は高いし、住宅の品質は極度に低いし、政府は公共サービスを切りまくりだし、ぜんぜん良い国だと思いません。社会全体がうまく回っていないという感じですね。

> MAXさん
英国にも「機能を満たす最低限の低品質アイテム」ありますよ。それでも高いんだけど。ちょっと地方に行くと、強烈な生活用品アウトレットがあって、そこまで行くとようやく購入可能な価格になります。歯ブラシ150円とかね。普通のスーパーだと歯ブラシ500円くらいするのよん。
>通行人さん
英国にも良い点があることは認めます。緑の多さ(東京の数倍)、運転マナー(東京よりちょっと良い)、教育環境(少人数)、芸術系エンターテイメントの質量。さらに最大の利点は「3xない」で、「蚊がいない、ゴキブリいない、地震がない」だと思ってます。ただ物価はいかんともしがたいですよね。全体として「良い国」だと言いにくいのはtotally agreeです。

コメントの投稿

非公開コメント

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。