スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソースネクストウイルスセキュリティZERO

サイバー活動を展開すると、好むと好まざるとに関わらず、各種情報が目に入ってくる。PCサポート業者とウイルス対策ソフトの相談をしているとき、ソースネクストのウイルスセキュリティZEROの話が出た。

ZEROは格安ウイルス対策ソフトとして日本でずいぶん有名になったようだ。「2006年ヒット商品番付」(SMBCコンサルティング)で前頭、日経トレンディ「2006年ヒット商品ベスト30」で16位、など各地で評価されている。

ウイルス対策ソフトは買ってインストールするだけでは駄目で、年間更新料(使用料)が掛かる。年3-4000円というところだ。ZEROはこの更新料を事実上無料にしたのである。だからと言ってソフト本体が高いかと言えばそうでもない。額面通りに受け取れば非常にオトクなわけ。

とはいえ「不動産に掘出し物なし」を一家言としている僕としては、どうも素直には信じにくい。何か裏があるんじゃないかと商品情報を隅々まで読んでみたが、特にトリックは見つからない。

で、今回サポート業者が教えてくれた記事がこれ。
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20061114/253696/?P=2
(ブラウザにコピペしてご覧下さい)

インド開発というのはコストダウンの手として悪くないと思うが、このウイルス検出率が改善されないとすれば問題である。ソースネクストと言う会社は以前から価格破壊が得意で、その方面で良くない噂もある。ソースネクストの商品は絶対買わないと公言する人もいるくらいだ。

そうなるとフリーウェアとの比較がほしい。例えば↓これとZEROを比較するとどうなのか?
http://dorubako.nishitokyo-city.com/muryo_antivirus.html

どなたか関連情報お持ちでしたら是非教えて下さい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。