スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン赴任ノウハウ

海外駐在経験者なら誰でも覚えがあると思うが、赴任前後には色々なことを調査することになる。幸い最近はネットで各種情報を入手することが可能だから、それほど心配する必要はない。

実際に僕もここに来る時にはあちこちのウェブサイトを見て回った。赴任地としてはポピュラーなロンドンである。基本的な情報量に不足はない。ガイドブックだって何種類もある。特に初めての海外赴任なら必要十分な情報が得られるだろう。情報が多すぎて取捨選択するほうが大変かもしれない。

一言で赴任者と言ってもその条件は様々だ。それによって必要な情報は異なってくる。カンパニーカーが支給される人にはクルマ購入ノウハウは不要だろうし、社宅を会社が選んでくれる人には不動産屋の情報は不要だろう。英語ペラペラの人には語学学校情報も無駄だ。

条件に加えて家族構成によっても必要情報は異なる。子供がいなければ学校情報は不要だし、病院情報にもそれほど敏感になる必要はないだろう。独身者だったら夜遊びスポット情報が、単身赴任者だったら格安国際電話の情報がほしいかもしれない。

僕は海外駐在が初めてではなかったので、色々な意味で「一歩踏み込んだ情報」がほしかった。残念ながらその手の日本語情報は決して多いとは言えない。基本的なところ(死なない程度)まではフォローされているが、それ以上は情報入手の手掛かりすら紹介されていないケースが普通だ。

僕は結局、英語で書かれたローカルのウェブサイトや同僚の英国人を頼ることになった。もちろん同僚の日本人情報も有益なことが多いのだが、それが日本人ネットワーク情報だと、その日本人の条件(生活レベル)が前提になってしまう。例えば大手金融・商社系駐在員に適した情報が、メーカなどの駐在員には当てはまらない、とか。生活レベルが(給与レベルが、と言い換えても良い)大幅に違うのだ。

そんなわけで僕が独自に調べたことや経験したことをいくつか書いてみようと思う。もちろん僕のやり方や考え方がすべてではないし、僕の生活レベルが前提になっている以上、誰にでも有益な情報だとは言えないが、役に立ちそうな部分だけつまみ食いしてもらえれば十分だ。

最初はイギリスでの自動車購入に関して書いてみたい。その後できれば住宅に進みたいとは思っているがどうなることやら。

コメント

 車、買い換えてしまった。四輪では初めての外車。

お、何だろ?同系列なら英国で人気のScenicか。新X3や新MLはちと高いよなあ。意外に広いBクラスでも良いな。ゴルフはワゴン出てないから違うか。意表つくならあうあうTTとか。この中に正解ある?

 数ある外車からScenicが出たなら、ほとんど正解。最初、Scenicを考えていたのだが、日本ではちょっと大きい。ということで、同じメーカの2まわり程小さい商用車にしました。

てことはピングーでもなくてカンガルーでもないあれすか。そりゃ渋いねえ。日本で乗ってる人いるの?

コメントの投稿

非公開コメント

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。