スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン駐在員が悲鳴!物価高ポンド高が生活直撃

さてまずは以下の記事を読んでみて下さい。去年10月の記事です。日本円の表記は最新の為替レート(1ポンド=240円)で僕が再換算しました。

------------------------------------------------------------
ロンドンで暮らす日本企業の駐在員が、生活費の高騰に悲鳴を上げている。地下鉄初乗りが3ポンド(約720円)といった物価高に加え、英ポンドが対円で急上昇。不動産市場の活況から家賃も値上がりし、各社は手当の増額など生活防衛策の充実を急いでいる。

「急激なポンド高で、実質的な所得が目減りしている」。大手メーカーの駐在員はこうぼやく。好調な英景気を背景に、ポンドは8月末に1ポンド=223円台と8年ぶりの高値に達した。円を基準に給料を支給している日本企業が多く、円安は手取りの減少につながる。

ロンドンの物価は、サンドイッチが2切れで3・5ポンド(840円)、たばこは1箱5ポンド(1200円)という水準。地下鉄初乗りは、来年1月からさらに4ポンド(960円)に値上がりする見込みだ。これらに毎年2%程度の物価上昇が加わる。スイスの大手銀行UBSが8月にまとめた調査で、住宅費を含む生活費はロンドンが世界で一番高かった。

大手金融機関は9月、担当役員を急きょロンドンに派遣。駐在員から事情を聴いた結果、日本人学校の通学範囲に住めなくなっている事例などが分かり、手当を1割程度増やした。ポンドへの換算率も、生活実感に合わせるため実際のレートより約2倍も円高に設定し、現地の生活を支える。

邦銀の支店長は「仕事が忙しい行員に生活費で心配を掛けたくないのだが」と困り顔だ。
------------------------------------------------------------

ふふん、大手金融機関じゃない駐在員の皆さん、言いたいことあるでしょ? すごいねこれ。手当を10%増やした? 換算率が実勢レートの倍?120円換算で給料もらってるってことですか。orz

大手金融機関じゃない駐在員の奥様方(特に大手金融機関に友人がいる奥様方)は、せいぜい不用意な発言で旦那を怒らせないようご注意下さいませ。
合掌。

コメント

すげー! 覚悟していきます・・・
素朴な疑問じゃが、なんでそんなに物価高いん?

1. 需要と供給
こんなに高くても人がひっきりなしに来る以上、ロンドンにそれだけの魅力があるという説。出稼ぎ東欧人にとっては高いほうが良いのかも。

2. 不動産価格
バブルと言う人もいますが、僕は単に住宅地の面積が狭いせいだと思ってる。ロンドンは都心でも緑が多い。つまり宅地面積が狭い。必然的に住宅単価が上がる。

3. ポンド
ユーロ出現でフランスフランやドイツマルクが消えてしまった。日本円は没落気味、中国元はまだ怪しい、となるとポンド投資は悪くない。でカネが不必要に流入。

ロンドン遊びに来たら地下鉄1駅ずつ乗せて破産させてあげるよ。

ほほう・・・・
昔っから言われてる手厚い社会保障とか福祉との関係はどうなんでせうか?

ないんちゃう?
ゆりかごから墓場までは過去の遺物。公立病院なんて崩壊しつつあるしなあ。
まあでも合衆国と比べたらバリバリの社会主義国家だけどね。

Londonismさん、初めまして。
私のブログに来ていただき、ありがとうございました。
早速お邪魔しに来ました。
イギリスってすごい物価ですね。ヨーロッパ全体的に高いと思っていましたが想像以上です。
ポンドで払っている時は感じないものの円貨で言われると「はぁ~??」と疑ってしまいます。

駐在していると大変ですね。
こちらシンガポールは生活費は日本並みですが ‘食’が安いので駐在していても助かっています。

また遊びに来ますね。

mulletさん
ようこそいらっしゃいませ!
シンガポールは東南アジアで一番高いと聞いていますが、それでもイギリスよりは安いですよねえ…。

欧州は独身で来るところじゃないですね。僕は独身時代中南米にいたので、東南アジアの楽しさ・辛さ色々想像してしまいます。バンコク楽しそう。

Londonismさん
初めまして。
大手金融機関に属さない駐在組の妻です。(爆)
手当10%アップですか・・・。うちはロンドンの物価高騰に関係なく、去年から給与10%カットされてますが・・。(涙)

駐在員の待遇で担当役員がわざわざロンドンまでご出張されるあたり、恵まれた会社とお見受けしました。うちも人事担当がヒアリングに来てくれないかしら。

poerieさん
弊社では先日東京本社社長が自らロンドン視察、その場で翌月からの給料倍増、自動車購入費として一律3万ポンド支給、帰任時には都内4LDK新築一戸建てを社宅扱いで無料永久貸与、を即決されて帰られました。

なんてことは起こらんのだよなあどう転んでも。

コメントの投稿

非公開コメント

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。