スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょうしたのさんまかばやきとてりやき

ひらがなで書くと非常に読みにくいですが、オリジナルがそうなので仕方ないです。僕が日本に行くと必ず買ってくるアイテムのひとつ。

「ちょうした」はどこのスーパーにでも売っているわけではないので、それなりに準備しておかないと入手できません。時間がなくてニッスイやマルハしか手に入らなかったときは非常に機嫌が悪い。

この「ちょうした」を僕はどういうわけか「さんま」のことだと思いこんでいました。方言か古い呼び方か分からないけれど。ところがそうではなかったのです。ちょうしたは銚子の田原缶詰株式会社の屋号と思われます。「ちょうし」の「た」はらで「ちょうした」ですね。

これはいわゆるひとつの重い「こんだら」状態。こんな年になってもまだ完全な勘違いが存在するとは世の中は奥深い(←まとめ方が違うな)。

ところで「てりやき」バージョンは今回はじめて存在を知りました。「これは!」と思って買い込んでみましたが、「かばやき」のほうが美味かった。すこしかなしいきもちになりました。



コメント

マニアックなもの攻めておるのう・・・

え”マニアック?これって基本ぢゃないのか…。

コメントの投稿

非公開コメント

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。