スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外で使うノートパソコン その2

前回の続き。まずは僕の要求スペック。

・XP
最近忙しくてあまりPCと戯れてる時間を取れないので、今回は無難にXPにしたい。たとえば2年後確実にVistaに移行するなら今入れてしまう手はあるが、次OSの計画もあるしVistaはスキップか、とも思ったり。アプリは原則Vistaでも使えるはずだが、フリーウェア類は厳しいと聞く。XPダウングレードにきちんと対応しているのはレッツノートくらいしかないので、必然的にXPを選べるBTO系になる。

・パーツ交換性
HDDやメモリを自分で増設交換できること。海外在住なのでこれ重要。東芝のように自社修理センタでないとHDD交換もできないなんてのは論外。この意味でもBTO系が無難。

・14インチか15インチ
ワイドである必然はないが、今が14インチ3:4なので、ワイドだったら15インチにしたい。テレビのワイドと同じ話だと思うが、縦の絶対値が小さくなるのはよろしくない。賛否両論ある液晶の光沢か非光沢かの議論は、現物を比較検証していないのでよく分からないが、非光沢で良い気がする。

・グラフィックボード
まったくゲームはしないのだが、オンボードチップだとどうも動きがトロいケースがある。最上級である必要はないが、グラフィックチップは別にしたい。ATIはドライバ開発が遅れまくってるとの情報があるので、可能な限りNVIDIA。

・Core 2 Duo
今買うなら常識だろうが最新世代のデュアルコア。クロックはそれなりでOK。価格と相談しながら売れ筋を選びたい。

本題のショップ系BTOノートパソコン研究結果は次回に続く。

コメント

勉強になるなあ~

たまに検討すると世の中にキャッチアップできて良いね。

コメントの投稿

非公開コメント

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。